前へ
次へ

ストレスで医療機関にかかる前に入浴や運動を習慣に

デジタル時代を迎えて大変便利な生活を送ることのできる現代ですが、半面で心の疾患により医療機関を受診する人は増え続けています。
昔は医療機関といえば怪我や何か肉体的な病気でかかるのが一般的でしたが、今では心の病を抱えての受診者は増加するばかりです。
ストレス社会と言われる現代だからこそのお悩みにはなりますが、ストレスは小さなうちに発散をするようにします。
忙しいためシャワーで済ませがちなバスタイムですが、できるだけ浴槽にお湯を張り入浴をすることも、ストレス発散には良い手段です。
身体は芯から温まり心まで穏やかになりますし、お布団に入るころには程よく体温も下がり始めるので、よく眠れる準備も整います。
アロマの香りを部屋にたいて、温かい照明の中で好きな分野の読書をしたりするのも良い方法です。
思い切り運動をするのもかなり良いストレス発散になるので、落ち込んだ時などは逆に走るなど行動を起こすようにします。
身体を動かしたり温めると、不思議なくらいストレスは減るためです。

Page Top