前へ
次へ

医療機関で言われる余命期間の正確性

もし自分自身が重大な病気におかされ、医療機関から余命宣告されたらどうするかです。
事前に前兆などがあればある程度落ち着いて受け止められるときもあるでしょうが、それ以前に健康に過ごしていたならかなり同様するでしょう。
その患者の家族も動揺する可能性があります。
最近は生命保険において余命宣告を受けた時に保険金が受け取れる仕組みがあります。
早めに受け取ることができればそのお金で余命期間を充実させることも可能になるでしょう。
気になるのは医療機関から出される余命期間の正確性です。
1年、半年、3か月、また数日単位で言われるときもあります。
非常に重篤で1日や2日等の時はそれなりに正確と言えそうです。
しかし1か月以上になると基本的には統計的なデータをもとにした数値になります。
過去に同じような症状の人がどれくらい生存したかからの数字なので、それ以下のときもあればそれ以上生きれるときもあります。
余命宣告をした医療機関ではこれ以上の治療が難しいとの宣言ともいえます。

Page Top