前へ
次へ

医療費をかけないようにするために今できること

毎年、会社では1年に1回の定期診断が行われています。
基本的には会社に医療関係者が来て無料で行われるということで、健康状態を知る方法として、ここで出た診断結果を有効に利用しない手はありません。
私は、年とともにあちこちの項目で満点を取ることができなくなってきており、総じた寸評としては、生活習慣病の予備軍ということでした。
最初のうちはたいしたことない、あるいは医療機関の誤診ではないか、または体調が悪かっただけ、といった感覚でしたが、毎年の傾向を見ていると、そうも言ってられなくなってきました。
そこで、悪い点については、インターネットで原因と対策を調べ、次の健康診断まで続けてみるという方法をとるようになりました。
加齢とともに、衰えてくる部分もあるため、効果が出ているとはっきりとわかる部分は少ないものの、なんとか現状維持+αの結果を残せていることを考えると、ある程度の効果は出ているものと思っています。

Page Top